くすりエクスプレスを利用する長期に亘って使用する医薬品のコスト削減法の紹介

医薬品は、風邪薬などのような短期間のみ使用するものと、長期間にわたって使用し続けるものの2種類に大別できます。
短期間のみ使用するのなら、医薬品の購入代金はたいした額にはならないのですが、長期間使用し続ける医薬品は、ランニングコストが気になるものです。
くすりエクスプレスは、そんな長期に亘って使用する医薬品の購入代金を節約するために便利な、医薬品の輸入代行業者です。
上記の、長期に亘って使用する医薬品もまた、命に関わるようなものと、そうでないものの2種類に大別できるのですが、個人輸入代行業者は後者の医薬品の購入費節約に最適です。

 

通常、命に関わるような重病に対する治療薬は、健康保険の適用が受けられるために、ある程度ランニングコストを抑えられます。
しかし、ED治療薬のような、命に関わらない症状に対する医薬品は、健康保険の対象とならないために、どうしてもランニングコストがかかってしまうものです。
その点で、個人輸入代行業者なら、安価なジェネリック版ED治療薬などを購入することができます。
ですので、命には関わらないが、個人にとって重要な役割をもつ医薬品の購入に、個人輸入代行業者は最適なのです。
実際、ED治療薬をクリニックで処方してもらうと、1錠1,500円という金額がかかります。

2014年に入り、ようやく日本でもバイアグラのジェネリック版が販売されるようになりましたが、このジェネリックも、クリニックで処方を受けると1,250円程度の料金が必要となります。

 

たとえ1錠が1,250円に下がっても、長期に亘って購入することを考えれば、その価格は高額であると言わざるを得ません。
この一方で、くすりエクスプレスのような個人輸入代行業者で購入できるジェネリック版ED治療薬は、非常に安価です。
たとえば、レビトラのジェネリック版である、バリフというED治療薬は、10錠入り1箱が3,180円で販売されています。
つまり、1錠あたりの単価は318円と、新薬と比べてとても安価なのです。

 

もちろん、くすりエクスプレスで安価に購入できる医薬品は、ED治療薬だけではありません。
ちなみに、こちらの体験談を参考にして教えています→くすりエクスプレスの体験談

 

この業者では、AGA治療薬の海外ジェネリック版も取り扱っているのですが、新薬のプロペシアが28錠入りで1万円以上するのに対して、ジェネリック版のフィンペシアは、100錠入りが4,500円程度で購入できます。
通常、AGA治療は半年以上の期間を要するので、治療薬の購入費は高額になります。

 

しかし、上記のようなジェネリック版を利用すれば、格段にランニングコストを下げることができるのです。
このほか、くすりエクスプレスでは、女性の育毛にも使えるミノキシジル配合の育毛剤や、避妊ピル、禁煙補助剤などのジェネリックも取り扱っています。
どれも長期に亘って使用するものですので、ジェネリックで購入費を節約すれば、かなりのコストダウンが実現可能です。
また、くすりエクスプレスの取り扱う医薬品は、メーカーの正規品のみなので、安心して使用することができます。